2010年08月20日

SHITAMACHI Tシャツ と スカイツリー

420_MG_6369.jpg

着々と伸びている、この東京スカイツリーのように、ここ墨田区の土地に根ざし、着々と活動を広げている企画がある。

そう、「こりこりさ〜ん」こと、佐藤誠教授が2年前、仲間とはじめた、この

SHITAMACHI Tシャツ(下町Tシャツ)だ。

この企画も、今年で3年目。1年目は42組、2年目は50組、そして今年は、70組もの協賛店、団体が参加した。まさに、着々と広がっている。

※SHITAMACHI Tシャツ 発足年の打ち合せの様子は、こちら

420_MG_6370.jpg

※今年の、胸に入るメインの文字は、「おいしい書道」の日置恵教授が担当した。

420_MG_6376.jpg

この SHITAMACHI Tシャツ はお店とお店、人と人をつなぐ企画となり、多くの人が参加してくれるようになり、関わりをもち、地元のつながりが広がっていっていてとても嬉しい、と語る佐藤教授。

しかし最近は、スカイツリーの話題で、ここ押上には観光客が増え、そして飲食店をはじめ様々なお店がやたらめったらできている。

佐藤教授はいう、

『今押上には、たくさんのお店ができているけど、ここの土地に本当に根付くお店になってもらいたいです。ブームで大勢の人が訪れてるとはいえ、それを見込んだだけのお店作りをし、そしてブームが去った時に無くなるような商売はしてほしくはないですね。決して、スカイツリーが押上ではなく、下町、押上にたまたまスカイツリーがあるのですから。』

押上で昔からお店を構えている、佐藤誠教授の言葉は、本当の地元の声だろう。

※佐藤教授のお店
こりこりアロマ整骨院

420_MG_6379.jpg

※Tシャツの後ろに入る、協賛店、団体のなまえ。
ウラハラ藝大、おいしい書道も参加させていただいている。

420_MG_6386.jpg

420_MG_6388.jpg

最近、スカイツリーが背をのばすにつれ、観光客も日に日に増え、観光客のマナーの悪さが多くみられるともいう。

突然、地元の人の生活の中に入り込んだ、大きな押上の存在、スカイツリー。

人と人とをつなぐ役割を担ったこの SHITAMACHI Tシャツ と同じように、その存在が、観光客と地元の人とをつなぐ、良い象徴であってほしい。

これからも SHITAMACHI Tシャツ の活動を応援していきたい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40399329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック